DoctorUP

Home > サービス業界> DoctorUP

現役医師の節税・税金対策のための不動産投資【DoctorUP】


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

節税をお考えの医師の皆様、不動産投資のDoctorUPへ是非一度ご相談下さい。日々社会に貢献している医師の皆様が経済的にも恵まれますように、それがプルアップの願いです。

医師として勤務していると年収も一般の方よりも多くなりますが、それと同時に支払わなければならない税金の金額も多くなります。もちろん税金を支払うことは国民の義務として仕方がないものではありますが、それでも節税ができる部分があるのであれば、少しでも安くしたいと考えるのも普通ではないでしょうか。 ここではクリニックに勤務している医師が実際に行った節税対策の方法についてお伝えしていきますが、とは言っても、クリニックに勤務している医師の場合は一般のサラリーマンと同様に給与からは給与所得控除が引かれているので、学会や書籍にかかる費用は既に引かれていて対策をすることができません。 そこで対策として考えた方法が不動産投資でした。ですので、まずは不動産の購入をするのですが、これは自身の投資費用などを考えてマンションに投資をすることにしました。 マンションを購入して初年度はマンションの購入費用に加えて、減価償却費がかかりましたので家賃収入の金額よりも費用の方が高くなりますので、初年度は赤字になりました。 一見すると赤字になっては意味がないように思えるかもしれませんが、実はこの赤字の金額は所得として計算されるので、見かけの所得を減らすことができて結果としては所得税を抑えることに成功しました。

注目キーワード

総合病院
内科や外科などの主要な診療科を有している病院のこと。日本では主に許可病床数100床以上で、最低でも内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科の5科を設置している病院を指す。
救急病院
1964年の「救急病院等を定める省令」に基づき、都道府県知事が告示する病院である。 その要件は、 救急医療について相当の知識及び経験を有する医師が常時診療に従事していること。 エツクス線装置、心電計、輸血...
PAGE TOP ↑