ガス屋の窓口

Home > サービス業界> ガス屋の窓口

プロパンガス料金・LPガス料金をご案内「ガス屋の窓口」


ガスの関連情報

ガスとは オランダ語と英語: gasのこと。気体を意味する。本項で詳述する。 ガス燃料や毒ガスなどを意味する俗称。ガスとは英語で気体のことである。日本語では当て字で瓦斯とも表記する。性質など詳細に関しては気体を参照。 語源はカオス(混沌)のフランドル風発音からであり、気体を研究したフランドルの医師であるヤン・ファン・ヘルモントが呼び始めたのが元になっている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

プロパンガスの料金をご案内。ガス屋の窓口は、お客様のお住まいのご地域で、最もガス料金のお安いガス会社をご案内するサービスです。配管施工や器具購入などをお考えのお客様へは、ご要望に合わせて最適なガス会社をご案内させていただきます。

プロパンガスは都市ガスと違ってガス会社が自由に料金を設定しています。なので、人によっても月々のガス代は全く違ってくるのです。料金の計算方法は都市ガスと同じですが、単価は一定ではありません。特に基本料金はガスを一切使用しなくても一定額請求されるので、抑えることもできます。ただし実際の明細書には載っておらず、その他最低限の情報にとどまっているのです。これは競合会社が相見積もりしないための対策が理由となります。利用者は自由に契約を切り替えられる仕組みです。もし明細書に載せれば、利用者により安いガス会社が切り替えを薦めてくる営業行為が多発するリスクがあります。プロパンガスの基本料金が気になる方は、契約しているガス会社に問い合わせれば教えてくれます。基本の相場は地方ごとに差があります。あまりにも高い場合は切り替えたほうが良いでしょう。基本料金と同様に重要になるのが従量料金の単価です。使った分だけ請求額に大きく響いてきます。単価が100円違うだけでも年間の請求額が数万単位で変わってくるのです。悪質なガス会社だと相場よりもかなり高い単価で契約させようとするので注意が必要です。従量単価の相場は交通アクセスが良い関東・近畿が低い傾向にあります。現在はインターネットで相場を確認できるので、他より明らかに高くても気づくことは可能です。これは都市ガスを利用している人には縁のない問題です。しかし、配管設備が整ってない地方も多くプロパンガスしか使えないところもあるのです。現代社会で生活していくためにはガスの契約は欠かせません。悪質な業者に騙されないためにも、相場は頭に入れるようにしてください。切り替えを考えているならお近くのガス会社を検索して比較してみるといいでしょう。比較が面倒という方は、一括で見積もりできるサービスを利用すると便利です。必要事項を入力して登録すれば簡単に比較できます。気に入ったガス会社があれば、切り替えを検討しても良いでしょう。また、契約中のガス会社の料金が高くないか確認できて便利です。
PAGE TOP ↑