ドリームネット

Home > 建物> ドリームネット

ドリームネット


住宅ローンの関連情報

住宅ローン(じゅうたくローン、housing loan、mortgage)は、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅及びそれに付随する土地(一戸建て、マンション)を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを行うために金融機関から受ける融資のことである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

マイホームを購入する場合住宅ローンを利用すると購入しやすくなり。金利に関しても超低金利時代なので、非常に有利にお金を借りることができて好都合です。住宅ローンを利用するためには審査に通らなければなりませんが、審査に通る条件のある人の場合には、超低金利なのでぜひ利用したいローンです。しかし、あくまでもお金を借りて先に代金の支払いを済ませるというシステムなので、長期的な返済ということや金利上昇などのリスクも管理をしながら、将来をできるだけ予測して活用する必要があります。また住宅ローンを利用する場合には、マイホームの購入代金の頭金をどのくらいの割合で支払うのかということも重要なポイントになります。一般的には2割は頭金として用意をしておきたいということですが、住宅ローンでは頭金なしで、全額を借りられる場合もあるので、それぞれの事情や条件に合わせて借りるようになります。頭金はできるだけ多い方が返済が楽になるので将来の支払いも考えて準備をするようにします。毎月の返済額を考える場合にも、長期間の返済になりますし、変動金利を選ぶ場合、金利上昇ということも長い期間ではあり得るので、無理をしないように返済計画を立てることが重要になります。基準としては今の賃貸住宅の家賃で比較するとわかりやすくなります。今の住宅関係の毎月の支出で生活が苦しいのかゆとりがあるのかなどを考えれば、毎月の返済がどのくらいが妥当かもわかります。いくら一生に一度かもしれない買い物でも、無理をして返済が滞ると元も子もないということも考えておくべきです。その他家計の支出は他にも必要になります。日常生活の支出に加え、子供ができれば教育費がかかりますし、少子高齢化での老後の備えも必要になります。それらを総合的に考えて返済計画を立てることが妥当な方法ということになります。その場合、専門家に相談をしたりすることも必要な場合もあります。いずれにしても住宅ローンを借りる前の事前の準備は非常に重要になります。

注目キーワード

住宅ローン
住宅用のための土地・建物の取得や、リフォームのために、資金を借りること。 住宅金融公庫などが有名。 ゆとり返済、元利均等、元金均等など、さまざまな形態があり、期間は長期に及ぶものだと、35年にもなる。 ...
住宅ローンアドバイザー
最適な住宅ローンを顧客の立場から提案するためのアドバイザーを養成すべく設立された財団法人住宅金融普及協会が認定する民間資格。
<関連情報:住宅ローン 審査 通し屋
PAGE TOP ↑