さやま保育園ふじみ

Home > 習い事> さやま保育園ふじみ

狭山市の保育園「働くママの笑顔に貢献」さやま保育園ふじみ


保育所の関連情報

保育園は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り、保育することを目的とする通所の施設。日本では、児童福祉法第7条に規定される「児童福祉施設」となっている。本項では、日本の保育所について解説する。 施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」である(尚、市区町村の条例で施設名を〇〇保育園と定める例がある)。 地域によっては、公立を保育所・私立を保育園という形式で分けるところや、施設面積が広いところを保育園・狭いところを保育所とするところもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

狭山市のさやま保育園ふじみは「働くママの笑顔に貢献したい」という想いから、内閣府の「企業主導型保育事業」を活用し、働くママの目線に立った新しいスタイルの保育園です。小規模ですが、家庭的な雰囲気の中、愛情いっぱいで大切なお子様をお預かりします。

いつもであれば狭山市の保育園では、子供たちの年齢に合わせた健康にも良い給食が出ますし、それは親にとっても手間がかからないので助かることです。でもその環境に慣れてしまうと、給食のない日がやってきたときに、ママたちは少し焦ってしまいます。狭山市の保育園で給食の提供されない日というのは、子供たちが心待ちにして楽しむことのできる、お外へのお出かけの遠足の日です。この日ばかりはさすがに狭山市の保育園でも、子供の遠足用の給食を提供することができませんので、子供のためのお弁当はママたちの手にかかっています。家庭の中にいた時とは異なり、子供の社会経験を積む場所に出ていけば、遠足やイベントごとは年間を通して開催されるので、ママお手製のお弁当が登場をする日も出てきますし、子供も楽しみです。昔のようにお父さんは働いてお母さんは家事をする昭和の時代とは異なり、現代のママはほとんどが仕事を持つ一秒でも無駄にしたくない忙しい女性ばかりなので、お弁当には悩みます。愛情をたっぷりと注いだお弁当をかわいい我が子に食べさせたいものの、家での食事とは異なりお弁当という形になると、ママは悩みの種としてとらえがちです。だからこそお弁当作りでは子供の喜ぶ顔を思い浮かべて、ポイントを押さえて作るようにします。まだ1歳児や2歳児のお弁当をつくるときであれば、この時期には味わいにも関心を持てるようになるので、食べられるものの幅も広がる時期です。食べてくれるからこそママとしても作り甲斐があって、お弁当もつい豪華にしてしまいがちですが、スペシャルなおかずを作ることはありません。まず1歳児や2歳児の子供用のお弁当は、基本的に子供が好みのおかずを入れてあげるようにします。食べ物の好き嫌いもはっきり分かれてくる年代なので、遠足などのお弁当の時には、あえて必ず好んで食べる食べ物をお弁当に入れる事です。親としては全体の栄養バランスも気にはかかりますが、お弁当を持参するのは年間でも頻繁にあることではないですし、本人が進んで食べてくれればみんなで食べるお弁当も楽しくなります。

注目キーワード

保育所
保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育が欠ける子供を1日ごとに預り養育することを目的とする施設。厚生労働省が管轄し児童福祉法に規定される児童福祉施設である。 ちなみに、国公立の場合は正式な名称......
認証保育所
東京都独自の基準を設定し、都と区が補助している保育所のこと。原則13時間以上の開所が義務づけられている。また、0歳から入所できる。駅前に設置することを基本としたA型と、保育室制度からの移行を中心とした小規......
<関連情報:狭山市 保育園
PAGE TOP ↑