陣内ウィメンズクリニック

Home > 美容> 陣内ウィメンズクリニック

不妊治療・体外受精のご相談は自由が丘【陣内ウィメンズクリニック】当婦人科で妊活をフルサポート |


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都自由が丘の不妊治療専門「陣内ウィメンズクリニック」では、体外受精・顕微授精を中心とした妊娠希望専門クリニックです。赤ちゃんを望まれるご夫婦の想いを一日でも早く叶えられるように、薬を使い過ぎない、体に負担を掛けない優しい高度生殖医療を提供してまいります。

結婚をすればその後の家族のことを考えます。今は共働きが多いので、必ずしもすぐに子供を作る家庭ばかりではありません。一方で仕事をしていても産休や育児休暇が取りやすいならすぐに作れるときもあります。子供ができれば当然お金もかかるので無計画に作ることはできませんが、いつかは作りたいと考えているでしょう。一般的には子供は男女の性交によって受精卵ができ、その後成長していきます。夫婦が性交をするのは自然な営みですから、どんな頻度で行うかはそれぞれの話し合いなどで決まるでしょう。ある程度の性交をしているにも関わらず妊娠に至らないとすると何らかの問題を疑い、不妊治療を検討します。健康的な男女が性向をしたとしても必ず妊娠するわけではありません。一定のメカニズムがあり、ある時に性交をしても妊娠しない日があるとされています。どうしても妊娠をしたくないが性交をしたいときにはあえて妊娠しない日を選ぶことになるでしょう。逆に子供が欲しいから性交をするときもあります。この時は、妊娠しやすいといわれる日を狙って行うことになります。この時は女性の体温の変化などで一定の情報が得られるようです。女性には生理と呼ばれる体の状態がありますが、それ以前に排卵と呼ばれる状態があります。排卵は受精卵の素になる卵子ができる時です。不妊治療の一つとしてタイミング方があります。女性側の排卵日を正確に予測し、その排卵日周辺で性交を行うことで妊娠を促す不妊治療の方法になります。排卵日の2日前から排卵日までに性交をすると妊娠しやすいと言われているので、より正確に排卵日を予測するために専門の医療機関などで調べてもらいます。病院にある医療機器の中に経腟超音波検査ができるものがあり、卵巣内にある袋の大きさを測定します。その袋が大きく変化していると排卵が近いので、それを元に排卵日を予測します。それ以外には尿中に出る排卵ホルモンを検査して、排卵日を予測する方法も取られています。

注目キーワード

慶應病院
東京都新宿区信濃町にある慶應義塾大学医学部の大学病院。正式名称は慶應義塾大学病院。 →慶應義塾大学病院
野戦病院
戦場に置かれる病院。
<関連情報:不妊治療
PAGE TOP ↑