セルフオーダーシステム導入なら日本システムプロジェクトへ

Home > サービス業界> セルフオーダーシステム導入なら日本システムプロジェクトへ

セルフオーダーシステムを飲食店で導入するなら日本システムプロジェクト


POSシステムの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

セルフオーダーシステムの導入をご検討なら「株式会社日本システムプロジェクト」。ネット環境に左右されない飲食店向けセルフオーダーシステムで業務の効率化をサポート。安心の365日24時間サポート体制が整っております。まずはお気軽にご相談下さい。

セルフオーダーシステムを導入することでデメリット もあります。まず、客とのコミュニケーションの場面が減ってしまうことがあげられます。 過去ホールスタッフが果していた接客力を発揮するチャンスが減ることがあり得ます。ひとつの例として発注時におすすめの料理を推挙していた場合、そのことが行えなくなります。ホールスタッフと客のコンタクトの接点が減ってしまうことで、スタッフもしくは接客に惚れ込んで店を訪問するというケースも減少するでしょう。接客の丁重さを得意としている店であれば、発揮するチャンスも減ってしまいます。しかし、オーダーを取るために用いていた時間をその他の質を上げる時間に利用することができるようになるので、工夫によっては、一層深いコンタクトを取れるかもしれません。また、 客単価が少なくなる可能性があります。 セルフオーダーシステムに関しては、オーダー数が増加するので客単価が引き上がるという効き目を発揮しますが、客単価がダウンしているケースは少ないとは言えません。その訳は、メニューの推奨が不可能なのでアップセルもしくはクロスセルが利かなくなるというポイントと、人が介在することでメンタル的に安いコースもしくはメニューを注文しづらかったものが、セルフオーダーシステムによりオーダーしやくすくなるところがあげられます。実際的に、水がセルフオーダーシステムでオーダーできるようになったことによって、ドリンクの発注が減少したという事例もあります。そういった部分を乗り越えるためには、献立の表示方法をアレンジしたり、配膳の時のコミュニケーションを改変したりすることが求められます。 さらに、機械であるからこそのトラブルに陥ることも考えられます。 タブレット特有のトラブルを起こすことがあります。まず第一に、機械ですから機能不全に陥ることもあります。とりわけ客サイドにある機械は理不尽に取扱われる事がありうることも考えなければなりません。
<関連情報:セルフオーダーシステム
PAGE TOP ↑