東京の英語保育・プリスクール | FUTURE児童園

Home > サービス業界> 東京の英語保育・プリスクール | FUTURE児童園

東京の英語保育・プリスクール | FUTURE児童園


保育所の関連情報

保育園は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り、保育することを目的とする通所の施設。日本では、児童福祉法第7条に規定される「児童福祉施設」となっている。本項では、日本の保育所について解説する。 施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」である(尚、市区町村の条例で施設名を〇〇保育園と定める例がある)。 地域によっては、公立を保育所・私立を保育園という形式で分けるところや、施設面積が広いところを保育園・狭いところを保育所とするところもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

英語の保育なら「FUTURE児童園」へ。当児童園は、2歳から6歳の子供に英語による保育を東京都世田谷区、大田区、中央区、北区で展開しています。子どものグロ−バルな未来と将来性をのばすオリジナルカリキュラム教育と保育を提供する児童園・プリスクールです。

英語を生かした仕事に就きたい、子供との触れ合いを楽しみながら働きたいという願いを持っている人もいるでしょう。この二つの要望を叶えられる職業として保育士があります。小学校や中学校などの先生になる方法もありますが、教員免許を持っていない人の場合には大学に入り直さなければなりません。保育士の場合にも免許が必要ですが、専門学校に通うだけでも取得できるので教員に比べたら短い期間で就職できます。英語を生かす仕事ができるのは、現代の保育園におけるトレンドになっているからです。グローバル化が進んでいる影響で、英語力のある人材が重宝されるようになりました。特にネイティブスピーカーにも足元を見られないような美しい発音で流暢に会話ができる人はどの業界でも重要視されています。音に関わる能力は3歳までに発達してしまうのが大半で、それ以降はあまり大きな発達がないのが一般的です。そのため、保育園で美しい発音に触れる機会を与えたいと考える親が増えているのです。共働きの家庭が多くなって保育園に子供を預けたいというニーズが大きくなり、喜んで預け先として選んでもらえるように子供への教育内容も充実させる傾向が生まれてきました。その方向性の一つとして注目されているのが英語教育なのです。保育士の不足が嘆かれる世の中になっているため、資格を持っているだけでも職場を選んで働けるでしょう。英語も流暢も話せるとなると引く手数多になり、未経験でもすぐに仕事先を見つけることが可能です。特に都心部やその周辺のベッドタウンでは需要が高く、良好な待遇で受け入れてもらえると期待できます。英語でコミュニケーションを取れるように幼い子供の教育をするのは簡単なことではありませんが、子供が好きな人にとってはやりがいのある仕事になるのは明らかです。多くの現場では教材も準備してくれていて、レクチャーを受けることもできます。これから保育士を目指す人も安心して働けるでしょう。
PAGE TOP ↑