サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式・企業イベント - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス

Home > サービス業界> サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式・企業イベント - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス

サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式 「Koheiサンドアートオフィス」 - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス


絵画の関連情報

絵画(かいが)は、物体の形象を平面に描き出したもの。 日本語では類語の絵が幅広く用いられ、絵画という語は、特に芸術作品としての絵を指す場合がある。ただし、絵と絵画を区別して用いるとは限らない。また画を後ろにつけて描写の技法や対象を示す用語もある(水墨画、静物画など)。 フランス語の peinture(パンチュール)、英語の painting(ペインティング)、日本語の雅言的表現で絵と呼ぶこともある。 文字などを「書く」ことより早く、絵画を「描く」行動は幼少期から見られる行動である。発達心理学などの分野では、14歳から18歳程度で完成期と呼ばれる時期を迎え、多くの人はその頃から、ほとんど描かなくなる。子どもの絵に関する社会科学的研究は豊富だが、大人の絵に関する同様の研究は少ない。その一方で、多くの人が描かなくなる年齢を過ぎても活動的に絵を描く人々が居る。歴史的に代表的なのは画家であると言えるが、現代ではより多くの業種に見出される傾向である。なお、人間の発達には個人差があり、柔軟な姿勢が必要である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

披露宴・結婚式・各種イベントでお楽しみ頂けるサンドアートパフォーマンスのご依頼はこちらへどうぞ。ガラスの上をバックライトで照らし、砂の絵を次々と変化させてストーリーを展開していきます。様々なテーマのサンドアート演目からお選び頂く事が可能。

夏休みの工作の、一昔前の定番は砂絵でしょう。絵が苦手でも簡単にでき、しかも出来上がりに存在感があります。砂絵はサンドアートと呼ばれる芸術のうちのひとつで、日本では江戸時代より前からあったとも言われています。大道芸人が街中で通りかかった人のリクエストに応じて砂絵をしていたという記録があるそうです。また、おめでたい文様を描いて豊作祈願をしたとも言われています。工作の宿題としてだけではなく、由来や歴史も調べてまとめれば自由研究にもなりそうです。さて、サンドアートには二種類あって、色付きの砂でカラフルな作品をつくるもの、それから一色の砂で立体的な模様をつくるものがあります。工作とし提出する場合は色付きの砂を糊つき台紙に貼って作るものになるでしょう。今は通販でセット売りしているので、数百円で材料が全て揃います。自分の作品として提出するときは、オリジナルの絵柄を描いてそれを切り、砂を貼って作りましょう。セット売りされている砂を買えば、たくさんの色を少しずつ使うことができますし、色砂だけを売っているところもあります。色砂さえ手に入れば、小さな作品から大作まで気軽に挑戦できるでしょう。また、サンドアートは親しみやすいアートのため、年齢によっては少し子どもっぽいと感じるかもしれません。しかし、下絵を複雑にしたり着色にグラデーションをつけることで一見サンドアートとはわからないような仕上がりにすることも可能です。例えば波の様子を描いた場合なら、波頭を白と水色のグラデーションにしたり、海水の濃淡をつけるなどしてみましょう。単色ではなく手持ちの砂を好みの風合いになるまでブレンドするのもおすすめです。しっかりと完全に混ぜるのではなく、わざとムラを残すと味が出ます。細かい部分に砂を乗せるときは、ろうとのような道具を使って少しずつ行うとよいでしょう。このような道具もキット内に含まれていることもあります。子ども時代にやって懐かしい砂絵も、技法に凝りきちんと道具を使うことで素晴らしい芸術作品になります。

注目キーワード

抽象絵画
多くの種類を持つが、始めは自然の単純な図式化によって抽象的な形態にいたったものが多い。 フォーヴィスムやキュビスムやイタリア未来派などを源泉としており、その成立の根拠として以下の3つが挙げられる。 それ......
絵画商法
悪徳商法の一種。法外な値段で絵画を売りつける悪質なキャッチセールスである。安価で大量生産可能なシルクスクリーンなど版画を原価の何十倍もの価格で購入を迫る商法である。多くの場合、繁華街を中心に活動し、街......
<関連情報:サンドアート
PAGE TOP ↑