pluspa

Home > リビング> pluspa

モチベーションアップや健康維持に!うつも克服!スパーブヘルスアカデミー


カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

薬に頼らず、自分の力で着実に治していく。「プラス思考の習慣づけ」でうつ克服を目指すスパーブ ヘルス アカデミーご案内しています。

マインドフルネスの関係の人気が高くなっていますが、もともとマインドフルネスという言葉から、ストレスの解消や心の安らぎを求めるのではなく、大きな社会的なストレス、たとえば人間関係やコンプレックス、大きな苦しみとの出会い、仕事などでの現状での不満や将来への不安などがもとになり、それらを解決しようと試行錯誤している過程で、マインドフルネスを自然に行っていたという過程が一般的ではないかと考えられます。目まぐるしい、非常に忙しい社会の中で、心の安定や癒しを求めようとするのは自然です。そしてそれを自分が得られる過程、得ようとする過程がマインドフルネスということになります。もう少し簡単に表現すると、あまりにも激しい社会や環境の刺激に振りまわされることなく、自分が今の状態での主人となり、コントロールできるようになる状態がマインドフルネスです。実際は、そのための研修のプログラムなども含めての呼び方ですが、いずれにしても、今現在、あるいはこれからの人生で、今までのように振り回されるのではなく、今を意識して、常に主人公として生きられるようになるという意味もあります。マインドフルネスを実践する過程としては、それらを瞑想のプログラムとして教えるなどの研修会を開催している団体などに参加をする方法があります。そのほか自分で独自に体験をしながら、あるいは興味のある瞑想の方法などを実践しながら習得していくという方法もあります。それらの方法は各自の自由で選んでいきます。もともと明確な目的地点は、あくまでも自分の主観的な精神状態で判断するしかないので、そこに至る方法は、それぞれ違って当然とも言えます。基本的には、瞑想から入りますので、まずは呼吸法やその他の瞑想しやすい方法などを探して、それぞれが学び工夫しながら、自分の瞑想の形を創り出していきます。習得するわけです。まずは最初は自分の心を落ち着けて、今までの自分を反省しながら、静かに瞑想をしていくところから入っていくと効果的かもしれません。

注目キーワード

カウンセリングマインド
カウンセリング的な考え方や手法を日常生活に活かしていくこと。またその態度、考え、心構えなどを指す和製英語。 「傾聴」と「共感」と「繰り返し」を自らの価値観を脇に置いて実践してみること。 [ISBN:44144031
カウンセリング・マインド
カウンセリング的な考え方や手法を日常生活に活かしていくこと。またその態度、考え、心構えなどを指す和製英語。 「傾聴」と「共感」と「繰り返し」を自らの価値観を脇に置いて実践してみること。 [ISBN:44144031
<関連情報:マインドフルネス
PAGE TOP ↑