近藤会計事務所

Home > リビング> 近藤会計事務所

小田原の税理士【近藤会計事務所】相続税の申告は相続専門税理士が対応


税理士の関連情報

税理士(ぜいりし)は、税理士法に定める税理士となる資格を有する者のうち、日本税理士会連合会に備える税理士名簿に、財務省令で定めるところにより、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地その他の事項の登録を受けた者をいう(税理士法18条)。徽章は、日輪に桜。他に、税理士会連合会から顔写真つきの登録者証「税理士証票」を交付される。
※テキストはWikipedia より引用しています。

小田原の税理士なら近藤会計事務所。相続手続きもお任せ下さい。3人の税理士が33年の実績と経験で相続税や不動産賃貸に関するお手伝いをいたします。まずはじっくりとお話をお聞かせ下さい。最善の解決策を一緒に考えます。

小田原と言うと、第一三共グループ、日立情報通信グループ、明治グループの研究本部、小田原漁港を中心とする漁業やそれに関わる加工業、とくに蒲鉾などの海産物加工業は名物です。小田原は、こうした大企業に関連する下請けや関連会社、協力会社としての中小企業だけでなく、漁業に関わる企業や魚加工などが多数繁栄しています。それとともに小田原城だけでなく食品を中心とした観光業が多数あります。とは言っても、状況の推移でIT化なども導入され仕事の内容が変わってきています。こうした企業の悩みに係る専門家が税理士です。税理士は日々の取引を記帳して税務申告するだけでなく、記帳から経営方針や資金繰り、融資の相談などをします。それ以外にも、年代的に事業承継が問題になっています。法人であれば相続対策も含めて株価の評価や法人との貸借取引などまで踏み込んで提案してくれます。個人事業でも後継者が問題になっています。個人事業は特にその創業者のノウハウが蓄積している場合が多く、それの伝承が問題になってきます。こうした問題も税理士に相談すれば専門家としての提案をしてくれます。小田原なような都市は、創業当時から関与している税理士も世代交代で若い感覚の後継者に移行しつつあります。これにより経営状況や社会状況に詳しい若先生とその事業に長年関与してきた大先生とを利用し分けることで、社会の変化に対応しつつそれまでの伝統を守る方法を考えて行くことができます。こうして、記帳、税務申告、資金繰りなどに限らず、創業から世代交代にまで相続対策も含めて色々な相談をしましょう。税理士と言うと、なにかしら話しづらいとか事務所の敷居が高いとか思われがちですが、そのようなことはありません。弁護士などとちがって事件があっての相談とは異なり、日々の生活に密着していますし、地域にも密着していますから気軽に相談してみると良いでしょう。税理士も地域に密着している場合がとても多いということが言えます。

注目キーワード

税理士記念日
2月23日の記念日。日本税理士会連合会が1969年に制定。税理士法の前身である税務代理士法が1943年2月23日に制定されたことに由来する。
税理士法
**日本の法律 (税理士の使命) :第一条:税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそつて、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適...
<関連情報:小田原 税理士
PAGE TOP ↑