お店がどっとこむ

Home > サービス業界> お店がどっとこむ

名入れ オリジナル ノベルティ グッズ・記念品の”お店がどっとこむ”


ノベルティの関連情報

ノベルティ(novelty item)とは、原義では「目新しいもの、斬新さ」を指すが、近年では「企業が自社や商品の宣伝を目的として、それらの名称を入れて無料配布する記念品」を指す。ノベルティを媒体とした広告をスペシャリティ広告(特殊広告)ともいい、プレミアム(景品)とは区別される。また、「ノベルティアイス」のように、「廉価品」という意味で使われる用法もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

業界最大級、3万点品揃え。『 ノベルティグッズ・販促品・名入れ記念品の専門店 』 人気ランキング毎日更新 ・季節商品 ・エコバッグ ・モバイルグッズ ・衛生健康グッズ ・低単価バラマキ ・文房具 ・マグ、タンブラー 等。『名入れ・オリジナル・見積・提案』

会社やお店を運営するとき、お客さんとの接点は非常に大事になります。お店であれば商品を買ってくれる可能性があり、その時に商品をアピールしたり、お店の良さなどをアピールできます。会社となると価格の大きな商品もありすぐには購入してもらえないときもあります。継続的に利用してもらおうとすれば、その後の交渉が必要になります。お客さんとの接点があるとき、印象付けるアイテムとしてノベルティグッズがあります。お店であれば、購入した商品とは別に無料で持ち帰ってもらうもので、それによってお店の印象を良くできる可能性があります。女性向けのお店なら、女性が好む商品などを選びます。化粧品やブティックとなるとお客さんは女性が中心になります。その時のノベルティグッズは女性向けでも構いません。でも男性も来るお店や、若い人も年齢の高い人も来店するお店があります。一般的なスーパーであればいろいろな人が来るので、その人たちに使ってもらえるものがいいでしょう。文房具であったり、エコバッグなどであれば、誰でも使い続けてもらえます。ボールペンであれば特にデザインなどを気にする必要はありません。エコバッグであれば、そのお店のキャラクターなどを印刷するだけでも一定のアピールができます。すぐに捨てられない商品を選ぶようにしましょう。ノベルティグッズを使う理由の一つに、お店や会社の認知度を高めるかどうかがあります。いくらいい商品を販売しても、お客さんに覚えてもらえないと次に来てもらえません。後でそんなお店があったことを頭に浮かびやすいものを渡しておけば、そういえばこんなお店があったと又来店してもらえる可能性が高くなります。便利なものとしてはカレンダーなどがあります。大きなものだけでなく、卓上式のもの等もあります。その下の方に名入れをしておけば、気づいてもらえます。ボールペンなどだとあまり大きく名入れができないので、認識されにくいです。名入れをしたときに大きく表示できるものを選ぶと良いでしょう。
PAGE TOP ↑