店舗デザイン相談所

Home > 建物> 店舗デザイン相談所

お店の開店に必要なデザイン全部頼める!お店まるごとデザイン相談所


店の関連情報

店(みせ、たな)は、商業的な活動(商売)を行うための建物のこと。商品やサービスを提供する場所である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

初めてお店を出す方も安心。ショップカードやチラシ等の印刷物から、ホームページ、看板、ロゴ、ブランディング、店舗デザインや内装までお店のオープンに必要なデザインを全て一括して頼めます。ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。神奈川を拠点に遠方も対応!

店舗を建設したりリニューアルする時には店舗デザインが重要になります。外観と内装どちらのデザインも重要であり、まず外観をお店のテーマに合ったデザインにしたり、多くの人が見て寄ってみたいデザインにすれば多くの人を集められる可能性が高いですから外観部分のデザインは集客するためには必要です。しかし、外観だけでなくて内装部分のデザインも重要であり、もし気になって寄ってみたけど内装のデザインが悪くてあまり興味を持てなくなったり、居心地が悪かったりすると評価がかなり落ちてしまう可能性があり、集客に大きく響く可能性があります。例えば飲食店であればデザインが悪ければ気分良く食事を取れなかったり、デザインが気になり過ぎて落ち着く事ができなかったなどの問題が出てくる可能性があるのでいくら料理や接客面が良くても予想以上にお客さんが増えない可能性があります。デザインは人の気持ちに大きく影響を与えるものですから、店舗デザインを考える時には内装の部分も少しでも集客できるように工夫しながらデザインを考える必要があります。もちろん、お店が何を提供するのかによってデザインの考えも変わってきます。例えばおもちゃ屋であれば明るい雰囲気を作る事が必要ですからなるべく子供が喜びそうなデザインにしたり、明るい色を多く使ったりして少しでも店内に明るさを出すことが必要になります。逆に大人をターゲットにしており落ち着いた雰囲気の元で料理を楽しんでもらうのが目的の料理店であれば、少し暗めの色を多用したデザインを考えて、落ち着いて食事ができるように考える必要があります。このようにお店のテーマによってもどのデザインが相応しいのかが変わってきますからまずはお店のテーマに合ったデザインを考える必要があります。内装と外観どちらもお店のテーマに合っている店舗デザインで、周りからも評価を高めるようなものですと興味を持ってくれる人が多くなる可能性があります。後は提供するサービスの質が良ければ繁盛する可能性が十分あります。

注目キーワード

専門店
ある特定の分野の商品を中心に販売する小売店。特定の分野(カテゴリー)の商品のみを豊富に品揃えして低価格で販売するカテゴリーキラーのような小売店業態も含まれる。
商店街
商店が街路状に集積している一帯。「商業統計調査表」の定義では、店舗が20店舗以上連続して集積している一帯を指す。 一般的に専門店を中心に構成されている。
<関連情報:店舗デザイン 内装
PAGE TOP ↑