Kumagaya Rafting ノーティーボーイズ

Home > レクリエーション> Kumagaya Rafting ノーティーボーイズ

熊本県球磨川でラフティングをするならノーティーボーイズ


船の関連情報

船(ふね、舟、舩)とは、人や物をのせて水上を渡航(移動)する目的で作られた乗り物の総称である。 基本的には海、湖、川などの水上を移動する乗り物を指しているが、広い意味では水中を移動する潜水艇や潜水艦も含まれる。動力は人力・帆・原動機などにより得る。 大和言葉、つまりひらがなやカタカナの「ふね」「フネ」は広範囲のものを指しており、規模や用途の違いに応じて「船・舟・槽・艦」などの漢字が使い分けられている。よりかしこまった総称では船舶(せんぱく)あるいは船艇(せんてい)などとも呼ばれる(→#呼称参照)。 水上を移動するための乗り物には、ホバークラフトのようにエアクッションや表面効果を利用した船に近いものも存在する。また、水上機や飛行艇のように飛行機の機能と船の機能を組み合わせた乗り物も存在し、水上機のフロートや飛行艇の艇体は「浮舟」(うきぶね)と表現される。 なお、宇宙船や飛行船などの水上以外を航行する比較的大型の乗り物も「ふね」「船」「シップ」などと呼ばれる。これらについては宇宙船、飛行船などの各記事を参照のこと。また舟に形状が似ているもの、例えば刺身を盛る浅めの容器、セメントを混ぜるための容器(プラ舟)等々も、その形状から「舟」と呼ばれる。これらについても容器など、各記事を参照のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

九州の熊本県人吉市を流れる「日本三大急流」の球磨川でラフティングを楽しむならノーティーボーイズ!ラフティング初心者の方から「もっと楽しく」「もっと激しく」遊びたいお客様も大歓迎です。各種割引も実地中!!

球磨川でエンジョイをするラフティングは、一人で黙々とする作業とは違い、みんなで力を合わせて楽しむスポーツです。水上でのワイルドなスポーツだから、みんなと一緒にできるか不安に最初は感じるかもしれませんが、一致団結をして行えるので問題はありません。専用のゴムボートが球磨川のラフティングでは用意をされていますので、人数的には6名から8名ほどで乗り込んで楽しむことができます。自然の中の水との触れ合いになりますが、みんなで力を合わせて川を下るのは爽快です。一人にまかせっきりにはしないで、バドルを利用して乗り込んだみんなが力を合わせることで、スムーズに川を下ることができるので、や違いがあって達成感まで感じることができます。球磨川でできるラフティングのネーミングですが、英語のラフとからきていますので、つまり日本語ではいかだです。すでに多くの日本人にとって、人気の高いアウトドアアクティビティですから、夏場や週末を利用してのレジャーにも剥いています。ハードに川を下って強い水しぶきを浴びる印象があるものの、比較的穏やかところもありますので、初心者であっても心を安心させてエンジョイできるスポーツです。専用のボムボートから誤って落ちてしまった時に、泳げないから心配という人もあるでしょうが、セーフティーに関しての対策もしっかりするので問題はありません。キチンとライフジャケットを着るのを守りますし、ドライスーツやウエットスーツなどの着用もあれば大丈夫です。昔から日本人にとって水場の遊びはいろいろ体験してきましたが、比較的国内での遊びとしてスポーツという観点から見ても、ラフティングは新しいです。古くからある水泳などとは違いもっと若く新しいアウトドアの遊びですが、国内でスタートしたのはまだ1980年代なので、未体験の人もいてもおかしくはありません。これほどこのスポーツにスポットがあてられ始めたのは、観光雑誌だとかテレビで取り上げられたからであり、やってみたいという人は増え続けています。

注目キーワード

大船
*地域として 鎌倉市大船、または大船駅周辺の事。 北側が横浜市栄区で周りが鎌倉市である。 大船観音や、フラワーセンター大船植物園がある。 日本で初めてアメリカザリガニが持ち込まれた場所でもあるらしい。 *駅...
船橋
東京都世田谷区船橋1〜7丁目のこと。 西側には、環状8号線(通称:環八)が走っている。 最寄駅は、大半が小田急小田原線の千歳船橋駅だが、北側(6・7丁目)は、京王線の八幡山駅になる場合もある。
<関連情報:球磨川 ラフティング
PAGE TOP ↑