アメニティコーポレーション

Home > ワーク> アメニティコーポレーション

アメニティコーポレーション


プライバシーマークの関連情報

プライバシーマークとは、一定の要件を満たした事業者などの団体(医療法人など)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ISO内部監査の研修ならアクイルへ 業界屈指の低価格!! 1名16,000円!取得コンサルティングも実施中

ISO内部監査ができる専門業者に関しては、世の中に多く存在しています。ISO国際規格を通すことによって、 1つの企業として認められるきっかけになるでしょう。情報、品質それから環境といったカテゴリーに分かれているので、必要な国際規格が何になるのかをきちんと見抜いて、それに見合ったISO内部監査を行うことが大事だといえます。会社の人間にやらせても構いませんが、その内部監査には非常に時間や手間がかかるので、注意が必要です。あまり会社の人間の負担を増やしたくないと言うのであればなおのこと、ハイレベルな作業を行ってくれると言うことで有名な、信頼できるコンサルティング業者にお願いした方が良いでしょう。実績があるかどうかを確認するために、業者のホームページに目を向けるのが基本的な手順となります。ホームページを確認することで、どのような事例があるのかが確認できることが多いですし、料金に関しても、調べるきっかけになるのでお勧めです。できるだけこちらの予算をオーバーしない程度の、良心的な価格設定になっているコンサルティング業者にお願いしましょう。ISO内部監査に必要なマニュアルを手順通りに作成してくれるだけではなく、国際規格取得のために、今後現場でどのようなことをすれば良いのか、真剣に考えてくれる業者がお勧めです。会社の人間と二人三脚でミーティングをこまめに行い、慎重にISO内部監査を続けてくれる業者なら、安心して全て任せることができます。消費者やクライアントなどの、利害関係が発生する可能性のある相手に、良い印象持ってもらうきっかけとなるでしょう。それと同時に、ISO内部監査を終わらせることで、会社内で働いている人たちを安心させることにもつながります。会社内の作業効率化を図ることにもなり、なおかつ環境マネジメントシステム国際規格となるISO14001などを取得すれば、根拠のある安全性の確保が可能です。

注目キーワード

プライバシーマーク
社団法人情報サービス産業協会(JISA)と財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)の指定機関契約に基づいて、適切な個人情報の取り扱い保護措置を講じていると認められた企業に認定付与されるもの。1998年10月に定め...
PAGE TOP ↑