税理士法人わかば

Home > ワーク> 税理士法人わかば

外資系企業向けサービス | 東京 町田の税理士法人わかば


税理士の関連情報

税理士(ぜいりし)は、税理士法に定める税理士となる資格を有する者のうち、日本税理士会連合会に備える税理士名簿に、財務省令で定めるところにより、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地その他の事項の登録を受けた者をいう(税理士法18条)。徽章は、日輪に桜。他に、税理士会連合会から顔写真つきの登録者証「税理士証票」を交付される。
※テキストはWikipedia より引用しています。

20年を超える外資系企業対応の実績 給与計算、記帳代行、親会社レポート、税務申告、支払業務までワンストップでサービスを提供しています。外資系企業独特の経理フロー、給与計算、国際税務に精通しておりますので安心してお任せください。

外資系産業の場合は、通常の企業に比べても、税金対策が非常に特殊な方法となってきます。かなり複雑になってくるので、税金の仕組みがよくわからないのであれば、優秀な税理士に丸投げしてしまったほうが、効率的です。ただ、その場合は、外資系の企業と何度も仕事をしてきた、百戦錬磨の頼もしい税理士事務所に声をかけるように意識した方が良いでしょう。今まで税理士事務所を特に選んでこなかった人は、信頼と実績のある場所をピックアップするためにも、選んだ人たちの体験談に着目し、その上でうまい具合に情報収集することが大事だといえます。どこの税理士事務所にするかによって、効果的な税金対策ができるかどうかが決まると言っても過言ではないです。個人事業主として働いている人などは、簡単に自分で計算して青色申告ができるでしょう。しかし、大きな外資系産業となるとそうはいかないので、素直に優秀な専属の税理士を探し、その先生の指示に従うようにしておきたいところです。うまくいけば、びっくりするほどの金額の税金対策ができるようになります。もし身の回りで、税理士に詳しい同業者がいるなら、その人たちからお勧めの先生を紹介してもらうのも良いでしょう。この業界は実際のところ、コネクションのかなり大きなポイントになってきます。紹介してもらえるチャンスがあるなら、それに越した事はないです。もし身の回りで、そういった人がいないのであれば、やはりネット上などに目を向け、外資系の税金対策に精通している税理士事務所を、口コミ情報サイトなどから調べた方が良いでしょう。ある程度頻繁に名前が見かけられる事務所がわかったら、そのあとで事務所のホームページを確認し、優秀なところかどうかを見極めるのが基本的な流れとなります。最初に相談を持ちかけても、基本的には無料で聞いてくれますが、事務所によっては料金が発生するので注意です。また、月謝の金額に関しても、コストパフォーマンスよく承ってくれるところを選んだ方が良いでしょう。

注目キーワード

日本税理士会連合会
英文表記:Japan Federation of Certified Public Tax AccountantsfAssociations 日本の税理士法に基づいて設立された団体。 東京都品川区大崎に本部をおく、税理士会の中央組織である。税理士となる資格を有する者...
税理士情報検索サイト
日本税理士会連合会による税理士・税理士法人の検索サイト。 開始日:2009年3月24日 掲 載:公開情報と任意公開情報で構成される。 **【公開情報】 -氏名 -登録番号 -登録年月日 -所在地 -所属税理士会 -事務所名...
PAGE TOP ↑