フォトスタジオ エアライツ

Home > ワーク> フォトスタジオ エアライツ

宣材写真 【横浜 フォトスタジオ エアライツ】


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

不納得の際の【完全ご返金制度あり!】ご遠慮なくご活用下さい。ファッション誌「JJ」さんが取材に訪れ 誌面上で絶賛して下さった70枚のサンプル写真を掲載しましたので ご覧下さい。魅力的な写真がウリのスタジオです。横浜で宣材写真の撮影をお探しの方はエアライツにお任せ下さい!

オーディションにおいては、オーディション写真とも呼ばれる宣材写真が非常に重要視されていると言われています。では、オーディションに合格できるような宣材写真を撮るポイントとは一体何でしょうか。一つの大変重要なポイントは、オーディションの内容に合った雰囲気や容姿であるようにすることだと思います。具体例を挙げてみますと、クライアントが求めているのが上品で柔らかい雰囲気を持った女性らしいモデルである場合、こうした雰囲気を持った人が選ばれることでしょう。つまり、クライアントが求めているような雰囲気や容姿を備えていることが写真から伝わるようであるべきなのです。また、オーディションに合格するための宣材写真にする別のポイントは、自分に似合う服装で写真を撮ることです。洋服がどれだけお洒落で素敵なものであっても、似合っていなければ何にもなりません。つまり、自分らしさを上手にアピールできるような服装と着こなしが大切なポイントになると思われます。こうした点に加えて、オーディションに受かる宣材写真の基本的な要素は、全身写真、つまり頭のてっぺんから足先までを写した写真であることも大切です。それによって、スタイルの良さや何頭身かを知ることができるからです。それで、できるだけ自分のスタイルが分かるような服装で撮影することが勧められています。是非とも避けたいのは、体のラインを隠すような服装でしょう。なぜなら、ゆったりとした服装や体のラインを隠すような服装では、審査員がスタイルを確認することができないからです。オーディションに受かるためには、スタイルの良さは大事なポイントとなるため、是非とも背筋を伸ばして胸を張り、明るい雰囲気の写真を撮るよう心掛けることが大切だと思います。もちろん顔の表情も非常に重要なポイントで、できるだけ自然な笑顔になるよう心掛けることによって、明るい人というイメージを持ってもらうようにしたいものです。
PAGE TOP ↑