ONELIFE

Home > ワーク> ONELIFE

結婚式カメラマン・前撮り・フォトウェディングならONELIFE


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

日本にとって深刻なのが、未婚率の上昇ではないでしょうか。若者の草食化が叫ばれて久しいですが、結婚をするメリットは小さくはないはずです。家庭を築くことで安らぎを得ることが出来ますし、子どものために働くことは大きなモチベーションになるはずです。ウェディング市場は年々縮小していると言われていますが、新しい企画もどんどん登場して活気が感じられます。生涯の伴侶を早く見付けることで、安定した未来を描くことが出来るのではないでしょうか。結婚に至るプロセスは各々ですが、近年増えているのが各種婚活サービスです。かつての結婚相談所をイメージすると分かり易いですが、男女の出会いを多角的にサポートしてくれるシステムです。出会いパーティーはもちろんですが、希望に合わせたマッチングサービスも充実しています。働いている方々は出会いのプロフェッショナルですし、色々な観点から助言を貰えるのもメリットではないでしょうか。結婚式場との連携が進んでいる場合もありますし、成婚に至ると様々な特典を受けることが出来ます。ジミ婚がブームになっていますが、一生に一度の記念です。悔いを残さないように、ゲストの方々をおもてなししてはどうでしょうか。音楽や映像を筆頭に、ウェディングの演出も時代と共に変わってきています。新郎新婦の希望は可能な限り聞き入れてくれますし、楽しめる式と披露宴になるはずです。結婚式場やホテルにおいては、週末毎に見学会が開催されています。式で出される料理の試食をすることも出来ますし、実際に訪れることで新たな発見もあるのではないでしょうか。全ての準備をするには時間を要しますし、結婚が決まれば早めの準備に取りかかるべきです。ウェディングプランナーが適切なアドバイスをしてくれますし、細かな意見や要望にも沿ってくれるはずです。

注目キーワード

写真
光学的方法で感光材料面に写しとった物体の映像。一般には物体からの光を写真レンズで集めてフィルム・乾板などに結像させ、これを現像液で処理して陰画とし、印画紙などに焼き付けて陽画を作る。 日本では1857年に...
記念写真
文字通り、何らかの事象を記念して撮影する写真。 人間を被写体とすることが多く、何か特別な時とところにおいて生み出されることが多い。すなわち、入学式、卒業式、結婚式、成人式などの式典の際、生誕周年や七五......
<関連情報:結婚式 カメラマン
PAGE TOP ↑