EARTH STUDIO

Home > ワーク> EARTH STUDIO

大阪でのフォトウェディングならEARTH STUDIO(アーススタジオ)


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

フォトウェディングなら大阪・玉造にあるEarth Studio(アーススタジオ)へ。家族写真、キッズ・ベビー写真、マタニティ写真など、ナチュラルでありのままを撮影する写真スタジオです。

ブライダルコーディネーターの仕事には、結婚式当日までのたくさん打ち合わせがあります。準備を日々遂行していき、40日前に中間打合せをしますので、順序良く進めていくことが大事になります。当時尽きてくれる来賓の方の座席の位置なども決めますし、経験からアドバイスをすることも忘れないようにします。料理については大まかなところから決めていき、最終的には実際に出す料理を細かくチェックして、新郎新婦へと報告をしていきます。また引き出物などもどのようなものがいいのかアドバイスを求められますので、形式に応じた引き出物を伝えることもします。しかし、近年では形式に囚われずに自由な発想で用意する人もいますので、新郎新婦ともにどのようなものがいいのか決めかねている場合には、助け舟出して用意することです。写真やビデオは結婚式では必要不可欠なアイテムとなりますので、子供のころの写真やビデオなどの編集をしなくてはいけません。想い出に残る火になることから、感動できる結婚式を演出することです。また打ち合わせによって結婚式のときに使用する音楽なども調達しなくてはいけないために、前もってどのような音楽がいいのかを用意しておきます。細かいものが必要になるために、うっかり忘れたということがないようにするにも、常にチェックする癖をつけることが大切です。あくまでもサポートする意識でいきますので、新郎新婦の考えているような舞台を整えることは、自分の市場を挟まないようにすることで上手くいきます。支持や命令をするわけではありませんので、やってもらってありがたいという気持ちになってもらうよう努力をしていきます。ご両親へのプレゼントも用意していますので、こちらも前もって預かって保管しておきます。様々な価値観が変っていく世の中でも結婚式という舞台を整えていくことで、将来性のある資格の一つブライダルコーディネーターは活躍することができます。

注目キーワード

銀塩写真
撮影にフィルムを用いる写真。 フィルム表面にある臭化銀などの銀の塩類は、光が当たると金属の銀の微細粒子となる。 さらに現像により、この銀の粒子を種として、銀の粒子が大きくなり、肉眼で黒く見えるようになる......
写真家
写真撮影を趣味あるいは職業とし、一定以上の写真撮影に関する知識・技術・経験を保有する人。写真愛好家と区別する場合にはプロカメラマンを指す。 フォトグラファー。 関連語 リスト::写真家
PAGE TOP ↑