アクイル

Home > ワーク> アクイル

ISO9001内部監査員研修のことなら株式会社アクイル


プライバシーマークの関連情報

プライバシーマークとは、一定の要件を満たした事業者などの団体(医療法人など)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ISO内部監査の研修ならアクイルへ 業界屈指の低価格!! 1名16,000円!取得コンサルティングも実施中

ISO9001内部監査は、特定の商品を取り扱う工場などでは特に、必須の監査だといえます。国際規格となるので、取得しておけば大きなブランディングになり、アピールにもなるでしょう。消費者や契約済のクライアントなどからも、しっかりとした信頼をしてもらえるので、作業員も自信を持って働くことができます。また、内部監査を行って行けば、作業効率化をする上でどこを改善すれば良いのかも見えてくるので、問題点が浮き彫りになるのも喜ばしいポイントです。ISO9001内部監査を行う価値は大いにあるので、少しでも時間とお金に余裕があるなら、やっておくと良いでしょう。現場の責任者であれば、作業全体の流れをつかんでいるので、効率よく内部監査を行うことができます。ただ、その場合は現場責任者の負担が大きくなってしまうので、少しでも負担を減らすためにもコンサルティングを行ってくれる業者に声をかけるのが妥当です。実際にISO国際規格をしっかりと手伝ってくれる、良心的で有名な業者と言うのは、全国的に見れば非常に多くいると言えるでしょう。もし身の回りで、ISO国際規格取得を手伝ってくれる業者に詳しい人がいるなら、その人から教えてもらうのが1番早いです。いない場合は、インターネット上などから情報収集しその上でホームページを見て、総合的な判断を下すのがオススメの手順となります。ホームページなら、コンサルタント業者の具体的な料金、そして今までの合格事例等が確認できるはずです。わからなかった部分に関しては、メールや電話で問い合わせをすれば、より確実にわかるでしょう。ISO9001内部監査が得意な業者なら、非常にスピーディーに、レスポンスよく結果を出すこともできます。できるだけ早めに国際規格を取得したいと言うならなおのこと、ハイレベルなコンサルタント業者をうまく見つけ出して、担当会社員と二人三脚で内部監査を行ってもらうことが大事です。

注目キーワード

プライバシーマーク
社団法人情報サービス産業協会(JISA)と財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)の指定機関契約に基づいて、適切な個人情報の取り扱い保護措置を講じていると認められた企業に認定付与されるもの。1998年10月に定め...
<関連情報:ISO9001内部監査
PAGE TOP ↑