海外での腎移植手術をお手伝い 海外腎移植事情研究協会

Home > 美容> 海外での腎移植手術をお手伝い 海外腎移植事情研究協会

海外での腎臓移植をサポート|海外腎移植事情研究協会


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

海外での生体腎移植に関する情報は30年以上の歴史を誇る当会へ!ドナーの心配なくクレアチニン上昇による透析と決別するための情報です。透析前の先行的腎移植にも対応し、帰国後の専門医療機関も万全に確保。まずは体験者の話をお聞きください。もちろん費用は無料です。

腎臓の調子が悪く、透析を余儀なくされてしまった人も、今の時代では、腎移植のレベルが非常に高くなっているので、あきらめないことが大事です。確かに、透析に関しては、病院で行うこともできますし、自宅で行うこともできます。特に自宅で行うやり方なら、私生活にそこまで大きな影響を与えないこともあるので、人によってはこのままで良いと感じることもあるでしょう。しかし、やはり透析を受けている状態と、そうでない状態では、生活でできることに差が出てきます。制限のない生活を取り戻したいと感じているならなおのこと、腎移植を試みたほうが無難です。高額な金額が必要と感じる人もいるかもしれませんが、海外のアメリカを中心として、まだ手の届く範囲内で腎移植をしてくれるところがたくさんあります。例えば、アメリカの優秀な専門医にお願いをした場合、100000ドル程度で行ってくれることがあるでしょう。このくらいであれば、なんとか手が届きそうな数字といえます。また、海外で腎移植をする場合は、他にも様々な国があるので、承っている病院を探し、問い合わせをしてみると良いでしょう。実際に、海外の医療機関と連携し、移植手術を成功させたところは、非常に多く存在しています。信頼と実績のある医療機関が一体どこになるのか、それをまずは確かめた上で声をかけることが大事です。インターネット上の口コミなどが確認できるサイトを有効活用して、頻繁に名前が見かけられる有名な所に注目すると良いでしょう。ホームページを確認すると、今までの腎移植の事例等が確認できるケースもあります。貴重な参考材料になるので、必ず確認しておきたいところです。うまくいけば、透析の生活からわずか1ヵ月足らずで、通常の生活に復帰することができるでしょう。その事実を考えると、それなりのお金を支払ってでも、実践する価値は大いにあるといえます。透析を受けることが決まってしまった人も、受ける前に、先行的に移植手術を受ける事が可能です。

注目キーワード

総合病院
内科や外科などの主要な診療科を有している病院のこと。日本では主に許可病床数100床以上で、最低でも内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科の5科を設置している病院を指す。
病院送り
格闘技などで相手選手に大怪我を負わせる事。
PAGE TOP ↑