スタジオ Remember

Home > ワーク> スタジオ Remember

このページは現在閲覧できません。


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

いい写真を撮りたいときには、場所の雰囲気が重要になります。そして、撮影する目的では個人や企業でも利用できるようになっていて、モデル撮影や物撮りなども行えるようになっています。そこで、撮影スタジオを借りるという方法があり、自分のイメージに合ったところを選ぶことができます。それに加えて、照明器具なども完備しているところも多く、きれいに撮影をすることができて便利です。ちなみに、備え付けの家具などは自由に使うことができますが、必要に応じてオプションを付けることもできます。例えば、撮影機材であるストロボを増やすことによって、はっきりとした写真にすることができます。もちろん、プロ仕様のものなので性能は高くなっています。そして、ストロボ一つとっても数種類用意しているところがあり、目的に応じて選ぶことができます。レンタル料金としては一台当たり3000円ほどになっていて、撮影スタジオによっては一台は無料で利用できるところも多いです。ちなみに、ストロボ以外にもソフトライトやLED照明も追加することができて、微妙な明るさ加減を演出することも可能です。そして、いすなどは備え付けを使いますが、部屋全体のイメージは変えずにワンポイント付けたいときには、いすやテーブルを追加することができます。色や形も種類がありますが、事前に連絡をして在庫や物を見ておくことが大切です。最近は、インターネットで撮影スタジオで用意している家具などを見ることができるためイメージがわきやすいというメリットがあります。そして、実際に利用するにあたって料金を確認することが大切です。撮影スタジオの広さや設備によって異なるもの、一時間当たり5000円ほどが相場になっています。もちろん、本格的に撮影をするのであれば一時間では足りないため、6時間などのパック料金で提供しているところがあります。この場合は25000円ほどに設定されており、曜日や時間帯によっては割引している場合もあるため、その点も考慮して利用することがポイントです。

注目キーワード

写真整理
写真を時系列またはカテゴリー別で整理すること
記念写真
文字通り、何らかの事象を記念して撮影する写真。 人間を被写体とすることが多く、何か特別な時とところにおいて生み出されることが多い。すなわち、入学式、卒業式、結婚式、成人式などの式典の際、生誕周年や七五......
<関連情報:撮影スタジオ 渋谷
PAGE TOP ↑